京都東山区高台寺前に本店を構える料亭「和久傳」。本店はちょっとハードルが高いので、ジェイアール京都伊勢丹11階にある『京都 和久傳』のお昼に伺う事に。

 

目指すは人気のお献立 昼限定20食の「支子(くちなし)」 2,750円。

お昼の限定メニューについては予約ができないそうなので(6000円のコースから予約可)、当日少し早めにと開店30分前の10時30分に伊勢丹到着。

お店から一番遠い北エレベーターに乗ってしまい11階のレストラン街を少し歩きます。開店時間前でフロアはひっそりとしています。

 

が、しかし。

 

『京都 和久傳』前にさしかかり、唖然としました。

お店の壁側、のみならず、通路を挟んだ反対側までずらーーーーっと行列。

列の先頭から順次注文を聞いているスタッフの方から

「本日 ‘支子’は既に限定数量を終了しています」とアナウンスがありました。

京都和久傳

 

10時台から昼食の列ができることはないでしょう、という香川県の常識は通用しなかった。

 

↓【10時30分迄】!! あさはかでありました。

京都和久傳

 

我々は待ち椅子に座ることができましたが、後方には立ってる方もおられました。

待ってる間に注文を決めます。 気持ちを切り替え

昼限定の『刈安(かりやす)』 4,320円 に決定。

‘刈安’ はススキ属の植物のこと。

京都和久傳

 

 

主食は三種類から選択できます。

○鯛の黒寿司

○鯛の味噌茶漬け

○冬瓜と干貝素めん

3名参加でしたので、三種オーダーしました。

京都和久傳

 

10時55分から入店開始。第一陣にギリギリに入ることができました。

満席になった時点で、次のグループからは席が空くまでそのまま引き続き待ちます。

 

店内はテーブル席と窓に向いて設えられた眺望抜群のカウンター席があります。

カウンター席は先着順なのか予約席なのかわかりませんでしたが、そこは満席。

 

席に着くとこんな感じで用意されます。

竹のコップは、食前酒を入れる為のもの。和久傳特製の青竹酒を各テーブルにすすめにきてくださいますが、我が方残念ながら下戸×3で、お茶にしました。

京都和久傳

 

 

○旬菜盛り合わせ

京都和久傳

 

 

○木の子椀

薄味の上品な出汁にきのこづくし。

京都和久傳

 

 

○旬魚炭焼きと天ぷら

京都和久傳

 

 

 

京都和久傳

 

○鯛の黒寿し

鯛の薄造りが行き詰められた、和久傳の名物です。甘味の少ないさっぱりしたお寿司。

京都和久傳

 

 

 

京都和久傳

 

 

○冬瓜と干貝素めん

冬瓜をすり流した冷たいお素めん。よ〜く冷えていて見た目も涼しげ。出汁は濃すぎず薄すぎずの絶妙な塩梅にコク。

 

 

暑い日でしたので非常においしかった。

京都和久傳

 

 

○鯛の味噌茶漬け

京都和久傳

 

 

○菓子と京番茶

最後は、餡(栗餡だったかな…)を挟んだ麩焼きのお菓子とお番茶。

京都和久傳

 

 

 

他のお献立を参考までに。

6000円以上のコースは予約ができます。 

京都和久傳

 

 

 

 

京都の名のある料亭で懐石料理をいただくとなるとなかなか予約もとれないし、お値段も やんごとなきものになりますが^_^;

 

京都駅直結のこの立地の高層階で、『和久傳』の本格京料理を気軽にいただける。

非常にお値打ちです。

スタッフの方の接客も、お客さまの様子に気を配り 細かく素早く対応してくださりすばらしいです。

 

どなたをお連れしても喜んでいただけるんじゃないでしょうか。

 

■京都 和久傳

京都市下京区烏丸通塩小路下ル東塩小路町
ジェイアール京都伊勢丹11階

075-365-1000

昼:11時〜15時30分(最終入店 14時30分)

夜:17時〜22時(最終入店20時30分)

定休日はジェイアール京都伊勢丹に準ずる

58席(テーブル:30席、カウンター:28席

 

■和久傳

https://www.wakuden.jp/

■紫野和久傳(ONLINE SHOP)

http://shop.wakuden.kyoto/shop/

 

JUGEMテーマ:京都 今日のランチは.....

■酒楽旬魚 おととやこばやし

 

西宮北口駅北西出口から徒歩5分。2階にイタリアンの『ドルチェモスカート』が入っているワークステージ西宮ビル3階にある大人の隠れ家的な居酒屋さん『酒楽旬魚 おととやこばやし』。ビル入り口はドルチェモスカートのコックさんの看板が目印になります。

 

酒楽旬魚 おととやこばやし

 

2017年には朝日放送の『今ちゃんの実は』でも紹介された『おととやこばやし』。その時には「漬けマスター」として魚やお肉の漬け焼きなどが美味しいと紹介されていました。

 

◆メニュー

酒楽旬魚 おととやこばやし

 

◆ドリンク (お値段失念……)

酒楽旬魚 おととやこばやし

 

◆本日のお通し八寸 一人前800円

(こちらはお通しなので注文前に提供されます)

酒楽旬魚 おととやこばやし

 

◯クリームチーズおかか和え◯そうめん南瓜おひたし◯サワラ炙りといちぢくの胡麻だれ◯和牛ヒウチカリフラワーソース

酒楽旬魚 おととやこばやし

 

◯ほど芋の素揚げ ◯もずく酢

◯とうもろこしとバジルのさつま揚げ(オニオン塩)◯生落花生の塩ゆで

酒楽旬魚 おととやこばやし

 

 

酒楽旬魚 おととやこばやし

どれも素材を生かしながら一手間加えられた美味しい一品。特に濃厚クリームチーズにおかかとネギが和えてあるのはシンプルだけど旨い。生落花生の塩ゆでは新たな食感と味で新しい野菜みたいで新鮮でした。

 

◆海老パン 550円

 

 

パリパリの食感の海老パン。

 

◆海鮮コロッケ 650円

 

 

 

いかげそ?がじゃがいもに混ぜこまれていて、海鮮風味のコロッケ。ちょっとたこ焼きみたいな風味?

 

◆肉じゃがロール 850円

最初肉じゃががなにかにロールされているものと思っていたら、じゃがいもがお肉でロールされていました。味付けはシンプルに塩コショウにレモン。

 

◆そば実と梅の稲庭うどん 700円

 

 

そば実が食べたいと思っていたところに、ぴったりのメニューが。写真では分かりにくいですが、そば実がごろごろはいってます。優しいお出汁に梅の酸味、ツルツル稲庭うどんが締めにぴったりでした。

 

店内はカウンター席とテーブル席があります。店内の装飾や、お料理の器や盛り付けも上品で大人な落ち着いた雰囲気でした。

 

酒楽旬魚 おととやこばやし

〒662-0832 西宮市甲風園1-7-9 3F
0798-63-8500
17:30〜00:00 (LA 23:00)
月曜定休日 (月曜祝日の場合:月曜営業・火曜祝日)
 

JUGEMテーマ:グルメ

■神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

三宮駅各線から南へ徒歩4分、国際会館から南へいったところにあるイタリアンレストラン「far.pitte(ファルピッテ)」。

先日紹介したパフェの美味しい「Criollo CAFE(クリオロカフェ)」 

と同じ通りにあります。

 

外観も大人なお洒落な雰囲気で、前から気になっていたお店。一度ディナーにチャレンジするも満席だったため、今回は平日ランチでリベンジしました!

 

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

座席は35席で、テーブル席と店内奥のカウンター席があります。

カウンター席からはピザを作るところや奥の窯から焼きあがるピザがしっかり見えます。

 

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

平日のランチは11:30〜14:30(L.O13:30)。

ランチメニューは全部で3コース(実質4コース?)

2名から注文できるAコース

◆Aランチ【牛メイン】

 ソフトドリンク+前菜3皿+十勝ハーブ牛のビステッカ+ピッツァ or パスタ(どちらかを2名で1皿)

◆Aランチ【豚メイン】

ソフトドリンク+前菜3皿+粟豚肩ロースのロースト+ピッツァ or パスタ(どちらかを2名様で1皿)2,600円

 

1名からでも大丈夫な

◆Bランチ

ソフトドリンク+前菜3皿+ピッツァ or パスタ 2,000円

◆Cランチ

ソフトドリンク+サラダ+ピッツァ or パスタ 1,400円

 

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

ピッツァは7種類、パスタは3種類の中から好きなものが選べます(一部プラス料金あり)。

ドリンクメニューも豊富でピーチティーソーダやハーブティーなど珍しいドリンクもあります。

 

ただし、これは平日限定ランチで土日祝のランチはディナーと同じメニューでの営業になるそうなので注意!!

 

 

■Cランチ 1,400円

サラダにはナッツと粉チーズが。

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

ナスとアンチョビ、パルミジャーノチーズのピッツァ

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

 

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

 

■Bランチ 2,000円

○ボイルハムに珍しいツナソース

薄く切られてふんわりした優しい舌触り。ツナソースとの組み合わせってイメージできませんでしたが、「ありですね!」でした。ワインのお好きな方は、お供でしょうね。

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

○冷製カボチャスープ

とことんなめらか。バターのコクとかぼちゃの甘味に黒コショウがアクセント。

お皿も冷えて ひんやりキープ。

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

○窯焼きアスパラガスに卵のソースとチーズ

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

○国産レモンと土佐生姜、サルシッチャのピッツァ

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

 

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

どちらにもドリンクがつきます。左がピーチティーソーダ、右がレモンスカッシュ。

神戸野菜 PIZZERIA far. pitte (ファルピッテ)

 

ピッツァは厚めのもちもち生地。食べる直前に窯で焼き上げてくれるので窯焼きの香ばしい香りがします。

生地が美味しいのはもちろんのこと、こちらのお店は具材が一味違います。

 

『ナスとアンチョビ、パルミジャーノチーズのピッツァ』は想定をはるかにこえるナスの量!!まるでケーキみたいに盛り付けられたナスは、野菜のみずみずしさも残った半生くらいの焼き上がり。それがアンチョビの塩気にはまるんです。こんな野菜を感じるピッツァは初めてでした。

 

『国産レモンと土佐生姜、サルシッチャのピッツァ』は、これまた他であまりみない組み合わせ。

チーズとイタリア語で生の腸詰という意味の “サルシッチャ”の塩みに、さっぱりレモンと生姜が実にマッチ。

好みのお味で、きっとすぐまた食べたくなりそう。

 

他にも独自の具材使いのメニューが並んでおり、中でも「桃とゴルゴンゾーラ、水牛のモッツァレラのピッツァ」は人気で、次々と注文が入っていました。

 

アスパラ、ピザのナスもそうでしたが、お野菜の火入れへの思い入れを感じます。

“神戸野菜”をかかげるだけあり、お野菜の持ち味が大切にされたお店でした。

 

 

far.pitte(ファルピッテ)

兵庫県神戸市中央区磯上通8-1-13 

建信ビル1F
【ランチ】11:30〜14:30(L.O13:30)
*土日祝のランチはディナーと同じメニューでの営業です
【ディナー】17:00〜23:00(フードL.O22:00 ドリンクL.O22:30)

 

 

JUGEMテーマ:今日のランチは.....


S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

category

mobile

qrcode
      スマホ版切替

Selected Entry

profile

search

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM