■京都祇園あのん『あんぽーね』

 京都祇園に本店を構える「京都祇園あのん」がお盆前の催事で阪急梅田本店に出店していました。常設店舗は京都祇園本店と、JR京都伊勢丹店、博多大丸店のみということで貴重な機会に家人へのお土産に購入して帰ったのですが、なんと9月20日大丸心斎橋本館に大阪初出店が決まったようです(お店Facebookより)!

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

 

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

あのんのコンセプトはHPによると

『“昔ながらの豆の味”を絶やさぬよう長年培ってきた「あんこ」づくりの技法を軸に、目指すは、和洋の粋を超えた、“新趣”のお菓子』ということ。HPの京都祇園本店のカフェメニューには「あんまかろん」「あんえくれあ」「あんたると」等と和洋折衷な面白いメニューが並びます。

 

今回はお土産品として人気No.1のつぶあんと、マスカルポーネチーズを使用した自家製クリームを最中皮でサンドするという商品『あんぽーね』がメインで販売されていました。

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

お盆前の手土産ラッシュの時期もあってか大人気。売り切れ続出です。種類は「あんぽーね(つぶあん)」「ももあんぽーね(季節限定)」「抹茶あんぽーね」の3種類。

5個入からの取り扱いでセットの種類と価格は下記の取り扱いがありました。

5個入  1,600円 

10個入 3,200円

15個入 4,800円

20個入 6,400円  

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

 

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

なんと常温で30日持つというお土産にはもってこい商品。加えて、あんとクリームは瓶詰めされて可愛く包装されているのもお土産向き。つぶあんの『あんぽーね』は残念ながら5個入り売り切れだったので季節限定『ももあんぽーね』を購入しました。

 

■ももあんぽーね 5個入 1,600円

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

横長の専用の紙袋にいれてくれます。

 

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

包装紙も爽やかでお洒落。

 

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

 

 

中にはお召し上がり方のリーフレット。

 

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

 

さじがあん用、チーズクリーム用の2本ついている心配りもありがたい。相手先に面倒をかけずにすみますね。

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

 左がももあん、右がマスカルポーネチーズクリーム。

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

 あんとクリームの割合はお好みということなので、最初は半々で頂きました。

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

 

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

 半分に切って写真をとってみました。

京都祇園あのん『あんぽーね』

 

滋賀県産の糯米「羽二重糯」を使った香ばしくてパリパリの薄皮生地に、岡山県産白桃を贅沢に使用した桃あん。そこにマスカルポーネチーズを使用した自家製クリーム。

 

桃あんは桃ジャムみたいなのかな?と思っていましたが、滑らかな口当たりはしっかり和菓子のあん。

桃の上品な甘さとフルーツの酸味に、チーズクリームのこくと塩気が加わり、それが香ばしい最中の皮と一体となるとまさに"新趣"のお菓子。

食べたことのないお味。

 

ベースはしっかり和菓子なんだけど洋風。お店の狙いどおりですね。

 

オンラインショップは現在注文を受付ていないようです。HPでは「只今、あのんオンラインショップでは通常注文をお受けしておりません。慶弔時でご利用の場合は、メールまたはお電話にてお問い合わせください。」となっています。

 

残った“あん” は、パンにのせていただくと、ちょっとリッチなトーストになりました☆

 

京都祇園あのん

京都祇園本店
営業時間:月〜金12〜20時 土10〜20時
日・祝10〜18時
定休日:火曜日
〒605-0084
京都府京都市東山区清本町368-2

 

 

JUGEMテーマ:和菓子が好き


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

category

mobile

qrcode
      スマホ版切替

Selected Entry

profile

search

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM