県外の方も知る人ぞ知る。

丸亀市民に知らない人はいない。

地元で有名な創業昭和27年の和菓子店『菓子匠 みどりや総本舗 』。

 

中でもこの『福福餅』が大人気。といいますか、今や『福福餅』のみどりやさんと言っていいくらいの代表選手。

 

もう10年以上前になりますが、まだ “麩饅頭” というものの存在を知らず 初めていただいたのがこの『福福餅』。

衝撃的なおいしさに、それ以降麩饅頭を店頭でみかけるたび 大阪・京都・高松あちこちのものを買ってみていますが、私の限られた生息域中では未だこれを超えるものに出会っていません。

菓子匠みどりや総本舗 『福福餅(ふくぶくもち)』

京料理などに出てくる生麩。

グルテン(小麦粉に含まれる良質たんぱく質)・小麦粉・もち米粉からできています。

その生麩で餡を包んだのが麩饅頭。

 

■讃麩 福福餅 5個入り 540円(税込)

・10個入り 1,080円(税込)

・1個 108円のバラ売りもしてもらえます。

・消費期限は、冷蔵で購入日の翌日まで。

菓子匠みどりや総本舗 『福福餅(ふくぶくもち)』

 

 

お饅頭にはりつけてあるのは、「山帰来(サンキライ)」とも呼ばれる「サルトリイバラ」の葉っぱ。

昔 治療薬として重宝されていたこと、形がお多福の顔を思わせることから “福の葉で福を包む”という意味を込めて、名前を「福福餅」にしたと帯の裏に書かれてありました。

菓子匠みどりや総本舗 『福福餅(ふくぶくもち)』

 

 

おいしそうでしょー。

麩の皮は、グルテン特有のガム質ののび。

白餅もひれ伏す(?)弾力とモチモチ食感です。

高齢者の方に限らず、喉詰め注意※

 

そして、中は甘さ控えめのサラッサラの漉し餡。

冷えた餡が舌のうえでとろけます〜。

菓子匠みどりや総本舗 『福福餅(ふくぶくもち)』

 

日持ちがしませんし、ここでしか買えないので地元の方以外は手に入れるのがなかなか困難ですが、

お店はJR予讃線丸亀駅から徒歩2分のところにあります。

「丸亀市猪熊弦一郎美術館」も近いです(徒歩3分〜4分)。

時間によったら売り切れてしまっていることもありますが、機会があったらいかがでしょうか。

 

■菓子匠みどりや総本舗

香川県丸亀市浜町8

0877-23-6006

9:00〜18:00

※「福福餅」が売り切れた日は17:30閉店

月曜日のみ 9:00-14:00

定休日:水曜日

Googleマップを見る

 

 

JUGEMテーマ:和菓子が好き


S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

category

mobile

qrcode
      スマホ版切替

Selected Entry

profile

search

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM