「京都迎賓館に行きました/3【参観申込〜京都迎賓館西門到達 編】」⇒ の続きです。

 

前記事で書き忘れていましたが、重要な注意事項として

※急遽接遇を行う場合には、予定されていた一般公開が中止になることがある。

ということです。その場合参加者にかかる宿泊費・交通費のキャンセル料等の補償はありません。

ですので、お出かけ前に京都迎賓館公式Twitterで最新情報をチェックされることをおすすめします。

「内閣府京都迎賓館公式Twitter(@kyoto_Geihinkan)」

事前申込の人には登録メールアドレスに中止連絡がはいるようです。

 

それでは【入場〜ガイドツアー方式参観 編】

 

 流れ 

送られてきたメールに書いてある集合時刻に京都迎賓館西門集合 

⇒ 地下受付スペースに移動(※警備上の理由で地下は写真撮影禁止) 

⇒ セキュリティチェック:空港で受けるような荷物のX線検査と金属探知機ゲート通過

⇒ 入館券購入:支払いは現金のみ

⇒ 荷物預入:館内に持ち込み可能な手荷物のサイズ25×25×10cmまで。あとの荷物は受付に預けます。貴重品も預け可。 

⇒ 注意事項説明:係の方の口頭

⇒ 概要紹介:椅子に座って(10分くらいだったかな?)館内の紹介ビデオを観ます。見どころがわかり参考になります。

⇒ お手洗いタイム:地下にあります。

⇒ ガイドツアー出発

 

館内は一部を除いて写真撮影が許可されています(撮影機材については制限あり)。

何枚も撮らせて頂きましたが、館内を知るには私の不出来な写真よりこちらの↓

「政府インターネットテレビ 迎賓館(約15分)」を観て頂くのが圧倒的にいいかと思います。

 

 

以下、個人的に心惹かれたところをピンスポ的にご紹介。

 

こちらは入館券購入時にくださる3つ折りリーフレット

京都迎賓館

 

公開エリアの紹介

京都迎賓館

 

 

 

案内されて地下から出てきたところの迎賓館正面。

玄関両サイドにあるのは靴箱です。参観者はここで靴を脱いでスリッパに履き替えます。

京都迎賓館

 

扉は欅の一枚板。

京都迎賓館

 

和風モダンなスタンド。

京都迎賓館

 

 

長い廊下。

美しい天井板としゃれた照明。そして監視カメラ。

京都迎賓館

 

 

「夕映えの間」の綴織りの下絵と織物の一部を紹介展示。

天井が写り込んで模様みたいに見えてしまいましたm(__)m

京都迎賓館

 

 

「愛宕夕映」に325色使用された糸色見本。

京都迎賓館

 

 

この石が香川県からきたものだという説明に、思わずパシャッ。

京都迎賓館

 

 

 

京都迎賓館

 

椅子の背待たれには、西陣織 有職文様「藤立涌(ふじたてわく)」

京都迎賓館

 

 

グラス:HOYA  銀メッキ食器:ノリタケ  洋食器:大倉陶園

この横に食器一人前が小さなテーブルにセッティングされていて、撮影スポットとして利用できます。

椅子に座って自宅かのような写真が撮れます(*^_^*)

京都迎賓館

 

 

「藤の間」綴織壁面装飾 「麗花」配色糸

京都迎賓館

 

錺(かざり)金具?っていうものかな?

 

京都迎賓館

 

 

「藤の間」の 本美濃紙と京指物の伝統的技能が使われた格子光天井。釘を使わない木組みの技法。

「和凧」の連凧のような3段の笠は、高さが調節でき、そのパターンは、15種類に及ぶそう。

京都迎賓館

 

 

 

人間国宝の故 江里佐代子さんの作品「響流光韻(こうるこういん)」。金箔と銀色のプラチナ箔を使用。

中に見えるのが「几帳」。

 

 

「几帳」絹の薄織物の「紗(しゃ)」よりも薄い「羅(ら)」という織物でできた間仕切り。繊細でとても綺麗でした。

京都迎賓館 藤の間 几帳

 

綴織り「麗花」に織り込まれた39種類の日本の草花の紹介

 

 

釘隠し。柱の柾目の美しさにも注目。

京都迎賓館

 

 

全長12メートルの漆の一枚仕上げのテーブル。均一に漆が塗られ、鏡のように磨きあげられています。

天井はこれもまた12mの杉の一枚板。節がまったくない奇跡の板なのだそうです。溜息。

京都迎賓館 桐の間

 

桐の間から見えるお庭。ここにも香川県の塩田から来た石がありました。

京都迎賓館

 

 

この広い池にあおさぎ一羽。悠然と歩いています。

「あおさぎ界の勝ち組だな」と、連れ1号のつぶやき。

京都迎賓館

 

 

松の陰に、水に入って作業されている方が見えます。

NHKの番組でお掃除の様子が紹介されていましたが、雨の日も雨具を着て砂利の中や水面の松葉をピンセットで一本一本とっていました。

実際、私の見る限り1mmの落ち葉も目につかなかったです。

管理に携わる方々のきめ細やかなおほねおりで、この途方もない美しさが保たれているのだなと深く思いました。

京都迎賓館

 

東西の建物をつなぐ廊橋の東西両端の天井杉板にこっそり虫の透かし彫り。鈴虫、とんぼ。他、蝶とキリギリス。

ちょっとした遊び心でしょうか。

京都迎賓館

 

 

京都迎賓館

 

 

海外からの賓客に、和舟に乗って日本の文化「舟遊び」を楽しんでいただく為のもの。

お部屋から直接乗り込めます。

京都迎賓館 舟遊び

 

見るもの全てみどころですから、切りがありません。

 

ガイドをしてくださった方の所作も語り口も優雅。

大勢いらっしゃる係の方もお役目上きっとハラハラしていたと思いますが、にこやかに参観者の質問に答えたり気軽に写真撮影のお手伝いをされたりと親切でした。

そんなことも含めて、ほんとうに素晴らしかったです。

 

匠たちの粋を結集して、見えない処に贅を尽くす。

日本特有の美意識に感銘を受けました。

 

世界でも賓客とよばれる極一部の人しか入ることができない空間に、いち庶民のワタクシが立っている奇跡^_^;

生活感あふれる我が家に帰るのがちょっと優鬱になる、そんな場所であり時間でした。

 

【後悔事項】

・館内にあるマーカーを読み取ることで、音声・文字・動画により、京都迎賓館をより深く知ることができるという「京都迎賓館公式アプリ」をダウンロードしていくべきだった。

https://www.geihinkan.go.jp/kyoto/

 

 

JUGEMテーマ:京都


S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

category

mobile

qrcode
      スマホ版切替

Selected Entry

profile

search

others

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM